【2016年9月】格安SIM マイネオの速度調査をしてみました

press15_1

【2016年9月】格安SIM マイネオの速度調査をしてみました

人気の格安SIM 。ドコモプランを契約してみましたので速度調査をしてみました。今後も定期的にスピードテストを実施予定です。

使用機器

スマホの処理速度に左右されないようにするため、LTEのモバイルルーターにSIMを設定して、近距離でスピードテストを行いました。

■LTEモバイルルーター:Battery WIFI MF855

■測定機器:HUAWEI MmediaPad M2(Simフリータブレット)

モバイルルーターは2.1GHz(バンド1)が使用できるSIMフリーモバイルルーターです。ワイモバイル契約で1Gまで使えるSIMカードとBattery WIFI MF855がセットになって月500円+税で契約できるキャンペーンでゲットしました。

速度調査

大阪梅田駅(JR大阪駅前)の人ごみの中で速度調査を行いました。測定日:9/29

マイネオ回線(ドコモ Dプラン)

 DownUploadPing
7:4212.40Mbps2.00Mbps34
8:2611.72Mbps4.41Mbps102
9:1514.43Mbps2.15Mbps56
10:2210.86Mbps3.10Mbps31
11:058.30Mbps2.17Mbps38
12:551.32Mbps0.34Mbps71
13:2015.92Mbps3.46Mbps42
14:5113.62Mbps4.81Mbps25
15:102.92Mbps12.59Mbps58
16:304.52Mbps1.79Mbps39
17:3210.02Mbps4.65Mbps30
18:173.92Mbps4.08Mbps92
19:126.24Mbps4.64Mbps100
20:021.85Mbps5.09Mbps110
21:311.20Mbps3.38Mbps91
22:104.47Mbps11.07Mbps78
23:057.42Mbps7.42Mbps56

速度調査の感想と傾向

朝のうちはスピードテストも安定してダウン、アップとも張り付く状態でした。Pingも安定しています。しかし昼ごろの測定ではスピードが大きく上下し、多くのユーザートラフィックが影響している様子ががうかがえました。

特筆すべき点としては平日の昼間であるにも関わらず、12時台の速度が1Mbpsを超えている点でしょうか。キャリアのSIMではごく当たり前のことですが、格安SIMの世界では大きなポイントだといえます。マイネオは見事に昼の時間帯で1Mbpsを超える速度を記録してくれました。最近のマイネオはユーザーの増加で速度の低下が指摘されていますが、それに追随するようにマイネオ運営側が設備増強を積極的に実施し、もっとも回線が混み合う時間帯である12時台でも安定して通信できる品質を保っています。

めまぐるしく変わるスピード環境ですが、今後も定期的に速度調査(スピードテスト)を行っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加