【Kraftwerk】夢のライターガス発電機プロジェクトの進行状況(2016年8月現在)

kraftwerk-gray-refill

【Kraftwerk】夢のライターガス発電機プロジェクトの進行状況(2016年8月現在)

2015年、突如としてキックスターターに登場した燃料電池技術を応用した夢のライターガス発電機、Kraftwerkプロジェクトの現在の状況について書きたいと思います。

Kraftwerkはモバイルバッテリーのような形をした筐体の小型発電機です。燃料はライターガスを使用し、本体に約2秒ガスを注入するだけでiphone 13台分の電気を発電する夢のモバイルガジェットとして登場しました。

キックスターターに登場以来、すぐさま大きな話題を集めたこのプロジェクトは瞬く間に目標金額を大きく上回る、日本円にして約1億5000万円の出資を集めることに成功しました。

その後の状況について、開発元のezelleron Incからメールが来たので要約してお伝えしたいと思います。

これまでの流れ

当初は2015年11月ごろから随時出資者に製品を提供する予定でした。ところがプロジェクト名に使われている「Kraftwerk」という名称を巡って、先行してこの名前で活動したロックバンドが使用差し止めを求める裁判を起こします。

ezelleron社はKraftwerkという名称を使用したいと頑なに主張し続け、裁判の場で争うこととなりました。もちろん製品の開発と提供を優先事項と考えるユーザー(出資者)はメッセージやフォーラムで「とっとと名前を変更して開発を続行するほうが良い」とアドバイスを送り続けますが…

このあたりからezelleron社とユーザーの意見が食い違っていきます。そのうちにezelleron社から技術的な問題とこの裁判の影響から、製品の提供が最大で1年程度遅れることが発表されます。まあこの程度の話ならキックスターターではよくある話です。あまりユーザーも驚かず、気長に待つという人も多かったようです。

しかし今年に入るにつれて、毎月開発状況の報告が行われていたのが3か月に1度、そしてついに報告が行われないという状況になります。多くのユーザーがezelleron社にメールを送ったり、直接会社へ押しかける人も出たりと混乱が始まります。

ezelleron社はこれらの問い合わせに対してまともに対応しなかったようです。テンプレ的なメールを返したり、来社を拒否したりという塩対応を繰り返します。

そしてついに、今年の8月4日、ezelleron社から出資者にたいして以下の内容のメールが送られます。

送られたメールの要約

Kraftwerk Project update #44

直近の状況についてお知らせします。

・ezelleronは多くのメール対応や事前のアポなしの訪問について、大変迷惑しているのでメールを送ってきたり、訪問したりしないでね。そしてこれまではメールに対して回答を返していたけれど、今後は一切返答しないこととします。

・ユーザーは、上記の行為が製品の開発を送らせていることに気付くべきで、仕事の邪魔をしないでね。邪魔が入るたびに開発が遅れます。

・開発は進んでいるので、その点だけお伝えします。ただし、詳細についてはお伝えすることができませんのであしからず。

・ユーザーとの約束を守るために、特別チームを編成して、開発スケジュールに対応中です。

・現在、裁判で抗争中です。これに大変な時間がかかっており、そしてお金もかかっています。詳細は係争中の案件につき、詳細はお伝えできません。

・私たちは1000以上の秘密保持契約を締結しており、Fortune500カンパニー(アメリカで大きな企業トップ500に入る大きな会社)と契約を締結しています。すべての工程は簡単に進めるものではありませんので、その点を理解してください。

・このプロジェクトは多くの新技術をもとに構成されており、私たちは日々競争しています。

・みなさんがプロジェクト遅延について怒っているのは理解しています。

・私たちも日々頑張っていますので、ひどい言葉やクレームをキックスターターのフォーラムに投稿しないでください。

→このような内容となっています。もうこれすべてが言い訳にしか聞こえないのは私だけでしょうか?中には100万円以上出資した人もいると思うと、かわいそうでなりません。詳細については言えないけれど、おれたちは先進的な技術を持っている集団だから素人がごちゃごちゃ言わないでねってことみたいです。

そして、キックスターターのプロジェクトはこうして消えていきます。私も昨年、このプロジェクトに2万円ほど出資しました。残念でなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加