アマゾンプライムでお急ぎ便と時間帯指定を併用すると遅くなるケース

amazon_logo

アマゾンプライムでお急ぎ便と時間帯指定を併用すると遅くなるケース

年に1度、アマゾンプライムの無料体験が出来るので今年も無料体験に入ってみました。およそ30日間限定ですが、お急ぎ便と時間帯指定が無料で出来るサービスです。

そもそも時間帯指定が無料で出来ないっていうのはどうなの?って正直なところ思います。別に有料で提供するサービスでもないし、どのネットショップでも対応しているサービスです。ヤマトでも佐川でも、伝票に時間帯指定の記入欄があるのは誰でも知っています。

時間帯指定に対するグチはまたの機会にするとして、こんなケースがありました。

・お急ぎ便の最速お届け日:7/6

・時間帯指定可能な最速の届け日:7/7

ama

つまり、早く届けてもらうためには、お急ぎ便を使うしかありません。お急ぎ便で時間帯指定が出来ないのはなぜなんでしょうか?

アマゾンは品揃えも良いし、安い?し、2000円以上で送料も無料だし、ウェブも使いやすいし結構気に入っています。でもこういう基本的なサービスが日本人向けでないような感じを受けます。

日本人は多くの人(たいていのひと)が夜まで働いていて、昼間は家にいません。昼間に宅急便の人が来ても商品を受け取ることが出来ないのです。そして各々、そのことを心の中で「申し訳ない」と思っています。(私もその一人です)

今回お急ぎ便で7/6到着のオーダーをしました。そのことによっておそらくクロネコヤマトの親切なセールスドライバーさんは午前中か昼間にダンボールを抱えて暑い中持ってきてくれるはずです。でも私は自宅にいません。それはアマゾンのシステムのせいで、明らかに不在の時間帯を避けることが出来ないためです。

アマゾンさん、ヤマトさんのためにもシステムを変えてくれませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加