Nikkor AI 28mm F2.8を修理に出してみた(修理期間と金額が判明)

P1400349

Nikkor AI 28mm F2.8を修理に出してみた(修理期間と金額が判明)

ヤフオクで購入したNikkor AI 28mm F2.8がヘリコイドの回りが渋いので、ニコンへ修理に出すことにしました。修理期間と金額の記録です。

Nikkor AI 28mm F2.8

Nikkorマニュアルフォーカスレンズです。28mmの中では歪みが少なく、そしてレンズコートも比較的最近のレンズとして有名です。中古価格で2万~3万程度で入手できます。

ちなみに現行品であり、今でも店頭で新品購入が可能です。

最大の特徴は最短焦点距離 20cmを誇り、かなり近くまで寄れるということ。ちょっとしたマクロレンズとして、商品レビュー撮影に効力を発揮します。(接点アダプターのようなものを使えばもっとよれるので、その辺はお好みで)

修理の流れ

修理の流れはざっと以下の通りです。

まず、ニコンウェブサイトから簡易修理見積もりのページで、金額を確認します。

[AI 28mm F2.8]の場合は最大12,700円の表記になっています。この金額は最大金額となっており、おおむねよほどのことが無い限り、この金額より安くなるようです。

niko

そして、オンラインページから修理ピックアップサービスを依頼します。これを依頼すると、梱包用段ボールとプチプチのセットを送料無料でニコンが送ってきてくれます。それにレンズを詰めて、ニコン(横浜)へ送り返すイメージです。

依頼から受け取りまでの期間

おおむね修理依頼から返送品受け取りまで2週間程度かかります。ちなみにウェブで修理依頼を行うと、おおよその進捗状況(商品受付、修理中、修理完了)などの状況を確認出来ます。

今回はヘリコイドへのグリスアップ(重め希望)を依頼しました。

修理完了

修理が完了すると、ニコンから宅急便(クロネコヤマト)で発送されます。確か送料はニコン持ちだった記憶ですが定かではありません。時間帯指定は出来ませんでした。

クロネコヤマトの人が持ってくると同時に商品引き換え時に代金を渡します。これで完了です。

P1400348

修理金額:修理代金 6,700円+消費税 536円=7,236円。7,236円が修理合計金額になります。修理仕上がりはばっちりです。ついでにレンズ内部の清掃もオーダーしておきました。こちらもしっかりとチリが除去されて帰ってきました。

様々な修理業者がありますが、ニコンへ依頼してもあまり価格は変わらない気がします。(送料ニコン持ちなのが結局変わらない要因です)。

P1400351

以上、Nikkor AI 28mm F2.8 修理レポートでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加