(ガジェットレビュー) 自宅でもアウトドアでも音楽再生 Omaker M4 Bluetoothスピーカー

P1400207

() 自宅でもアウトドアでも音楽再生 Omaker M4 Bluetoothスピーカー

購入の理由

昨年からタブレット端末を導入し、音楽はすべてタブレットとスマホで聞いています。大型スピーカーセットが自宅にあり、音楽を聴きたいときはいちいちオーディオケーブルをモバイル機器のイヤホンジャックに接続して繋いでいました。

特にモバイル機器の充電時には充電用のUSBケーブル、そしてオーディオケーブルの同時接続と机の上がごちゃごちゃになっていまい、ケーブルは絡まるし引っかかるし嫌な気分になります。

アマゾンを眺めていると安めのBluetoothスピーカーが販売されており、ケーブル接続の煩わしさから解放されたいとの思いで購入してみました。

購入した製品はこちら

以下、製品レビューです

商品レビュー

商品の到着

アマゾンでの注文の翌日、商品が到着しました。段ボールに梱包され、早速開封です。これが至福のひと時になっています。あまり高いものは買えないので、比較的安価な製品を購入しレビューすることを楽しみにしています。

■段ボールから開封

P1390922

このような梱包になっています。段ボールにへこみや四隅の破損はありません。バーコードもしっかりと貼り付けされています。それではこの箱も開封していきます。

■内箱の開封

P1390924

、そしてアクセサリーが同封されています。店頭販売の商品と同じくらい綺麗に梱包されています。これ家電量販店でもうれるんじゃないかと思われるレベルです。

■スピーカー本体

P1390928

スピーカー本体です。本体に傷や破損はありません。コーンもきれいに作られています。

■付属品

P1390941

付属品はストラップ、オーディオケーブル、USBケーブルとなっています。ストラップは良く出来ています。

性能、機能

基本的な操作はスイッチオンだけです。スピーカー本体の音量調節ボタンもありますが、いつもスマホ側で操作しています。初回にBluetoothの接続操作がありますが、一度設定をしてしまえば1度目以降の起動はとてもスムーズです。

■スマホへの接続と再生

P1400020

モバイル機器とスピーカーはある程度の距離、そして遮蔽物を挟んでも安定した接続が可能です。スマホをリュックの中に入れて、スピーカーだけをカラビナでジーンズにくっつけたり、居間に置いたタブレットからお風呂場のスピーカーに飛ばしたりもできました。

だいたいの接続範囲ですが、半径10m~15m以内で有れば安定した接続が可能です。この範囲であれば音が飛ぶことも無く、再生直後にタイムラグなくスピーカーから音が流れ始めるので、ストレスもありません。

仕様では12時間の連続再生が可能と記載があり、こちらもテストしてみました。朝10時から音楽再生(128Kbps~256Kbps mp3ファイル)をほぼ連続で行ったところ、夜の11時ぐらいまでは途切れずに再生が出来ていました。(この段階でテストを終了していましたので、公称の再生時間は確保できていると思われます)

■タブレットへの接続

P1390957

また、音質についても低音、高音ともに再現性が良く、この手のモバイルスピーカーにありがちな本体の共振、スピーカーコーンの振動も感じることはありません。

Bluetoothで音楽を聴くには適したスピーカーだと思います。また、Bluetoothを搭載してない機器のために、従来のオーディオケーブルによる接続も可能となっています。(オーディオケーブルが付属しています)ラジオやiPad、パソコン等との接続もOKです。

手持ちの接続可能な機器として
・HUAWEI タブレット M2()
・NEXUS7 2013 (Bluetooth)
・iPhone5 (Bluetooth)
・iPad Air2 (Bluetooth)
・ラジオ (オーディオケーブル)
・ノートPC (オーディオケーブル)

デザイン

アウトドアを強く意識したデザインです。軽量でコンパクトなつくりとなっています。コーンもしっかりと作られており、軽く指で押してもへこまない程度の強度があります。防水設計なので、お風呂場や屋外へも積極的に持ち出すことが出来ると思います。

実際に屋外に持ち出してみましたが、側面が平べったく、重心も底面部分に集中しているため安定して置くことが可能でした。少々ぶつけても音が飛んだりスイッチがオフになったりすることはありませんでした。ガンガン使っていきたい、そう思われてくれる仕上がりになっています。

スイッチ部分もラバーでおおわれており、細かい部分も防水を意識して作られている点も良いです。

■しっかりとしたつくりの本体

P1400029

アウトドア用途

アウトドア用途を意識した製品のため、外へ持ち出してみました。

■外での使用例

P1400188

小型軽量のスピーカーはどこに置いてもマッチします

■外での使用例(手すり)

P1400201

ある程度の幅の手すりなら本体が落ちることはありませんでした。

■船着き場にて

P1400206

バンド用スピーカーにも最適です。

製品のコンセプトが小型スピーカーであり、製品の趣旨として大音量での使用を目的としていないため、小~中音量で使用するのがもっとも製品の特性を生かせる使い方かもしれません。

価格もこなれており、アウトドアでも使える防水スピーカーをお探しの方にとっては良い製品かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加