Nikkor AI-Sレンズがナノクリスタルコート化されるのはいつ?

nikkor

AI-Sレンズがナノクリスタルコート化されるのは何時になるか

現在、現行Nikkorレンズとして製造・販売されているレンズは大きく分けて4種類あります。

  • Nikkor AF-S(超音波モーターAF)
  • Nikkor AF(オートフォーカスレンズ)
  • AI-S (マニュアルフォーカス専用レンズ)
  • 1 Nikkorレンズ(Nikon1専用レンズ)

この中でナノクリスタルコート(フレアやゴーストを防ぐために塗布されるレンズコーティング剤の中で最先端のもの)として販売されているレンズはNikkor AF-Sシリーズと、1 Nikkorシリーズのごく一部のレンズにとどまっています。

ナノクリスタルコート化されたレンズ

  1. AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
  2. AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  3. AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
  4. AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR
  5. AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR
  6. AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
  7. AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
  8. PC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8D
  9. PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED
  10. AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
  11. AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II
  12. AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
  13. AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
  14. AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II
  15. AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
  16. AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
  17. AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II
  18. AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
  19. AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
  20. 1 NIKKOR 32mm f/1.2
  21. 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6

どれも大三元、小三元と呼ばれているプロ用高級レンズです。ニコンが最先端テクノロジーを惜しげもなく投入する製品群であり、より高質なコーティングということになればもちろんナノクリスタルコーティングの採用というのはうなづけます。

その一方で、このような脚光を浴びるレンズの裏に、いまでも細々と発売が続けられているレンズが存在しているのをご存知でしょうか?

それがNikkor AI-Sシリーズです。

Nikkor AI-Sシリーズ

Nikkor AI-Sシリーズは、もともとあったNikkor AIシリーズを改良して発売されたマニュアルレンズ(マニュアルフォーカスにしか対応していないレンズ)です。現在発売されているデジタル一眼レフ、ミラーレスカメラではほぼ100%、オートフォーカスでピントを合わせます。

一方でマニュアルレンズはオートフォーカスに未対応という一見すると誰が使うの?という仕様です。現在、このタイプのレンズが製造されているのはニコンだけです。キヤノンでもオリンパスでも作っていません。

ニコンでは少量ですが、現在でもフィルムカメラを製造しています。そして多くのFマウントフィルムカメラが人々の手元の中で活躍し、また大切に保管されています。大三元レンズのように脚光を浴びることはないですが、そのような細々とした需要にこたえるために、あまり売れなくても今なお製造されているのかもしれません。

Nikkor AI-S ナノクリスタルコート化

ニコンとしては、コストと売れ行きを考えた場合、もしかしたらマニュアルレンズの製造をやめたいのかもしれません。カメラが売れない時代と言われています。かつてニコンがフィルムカメラのラインアップをごっそり削ったように、再び選択と集中の一環として、マニュアルレンズが販売中止となる可能性は大いにあると思います。

そんな可能性がある以上、これ以上売れ行きに乏しいレンズに投資を行う可能性は低いのではないかなあと思います。マニュアルレンズ大好きユーザーの一人として、ぜひナノクリスタルコート化されたAI-Sレンズが欲しいですが、ないものをねだるより、このままマニュアルレンズが製造され続けることを願うほかないのかもしれません。

ということで、夢に終わりそうなマニュアルレンズのナノクリスタルコート化。ニコンさん、いかがですか?1 Nikkorで出せるのなら、正統派レンズ AI-Sでもぜひ!(そもそも強い光源にレンズを向けたらまともな絵が出るわけないでしょ。そんな撮影は推奨されません。なんて言われたらごもっともだと思います..)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加