アシタカが米商人に渡した砂金の価値を計算する(もののけ姫)

monomo

アシタカが米商人に渡した砂金の価値を計算する(

ジブリ映画では良く良く金貨や砂金といったゴールドの類が登場します。天空の城ラピュタでは金貨3枚、千と千尋の神隠しでは御代として砂金の塊、そしてもののけ姫では貨幣として砂金の大粒がそれぞれ重要な役割を果たす場面で登場しています。

これはどのような世界でもどのような時代でも金が不変の価値を持っていることの証であり、同時に見ている人々も金に対して一定の価値を認めるので、話の内容をわかりやすく伝えることが出来る役割を担っています。

■砂金の採取風景

jkl

もののけ姫のとあるシーンです。アシタカが旅の途中で米を調達する場面にて砂金が登場します。アシタカは米商人に米の購入代金として砂金を差し出します。当初米商人は「お金でなければコメは売れない」と拒否しますが、お連れのジコボウさんが「これは砂金の大粒で価値がある」と伝えると血相を変えて受け取った砂金の大粒を懐にしまい込みます。

■砂金の大粒を差し出すシーン

kin

この場面で差し出されている砂金の大きさですが、おおよそ小指の先と同じぐらいの大きさのように思われます。重さでいうと、たぶん5gぐらい。

そしてジコボウのセリフに「この砂金の大粒なら米1俵か米2俵ぐらいにはなる」という部分があります。1俵とはだいたい60kgのことです。

金の相場

ちなみに現代の金の価値ですが、2015年12月現在の金相場(田中貴金属発表)は1gあたり約4,550円となっています。もちろん純金の価格です。

砂金は岩石が砕けて川を流れ着く間に不純物が抜け落ちて、ある程度の純度に高まります。しかし純度は100%の純金にはなりません。おおよそ金含有量80%程度です。しががって5gの砂金は実質4gの純金となる計算です。

つまり4gの純金価格は18,200円となります。

■田中貴金属(金相場)2015/12/19現在

tanaka

米の価格

続いて米の価格です。現在スーパーでは5kgのあきたこまちがだいたい1,500円前後で小売り販売されています。アシタカが購入したのは街の小売り市場なのでこの価格をそのまま使います。5kgで1,500円。60kgで18,000円です。(現在の相場)

アシタカが差し出した砂金の大粒は4g(18,200円の現在価値)となり、1俵の米(18,000円)を購入するのにほぼぴったりな額といえるでしょう。

ほほー、現在の金の価値と米の価格を勘案しても、アシタカの時代の価格と一致しそうです。もののけ姫の例ですが、金の価値が不変という理由がわかります。

簡易的な比較ですが、実際は昔は今と比較し米の価格も金の価値も異なります。あくまでも簡易的な比較としてご参考までに…

(参考)Yahoo 知恵袋の回答

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1184607876
  • このエントリーをはてなブックマークに追加