金のインゴット100gは重い(買うなら100gがおすすめ)

DSC_0042

金のインゴット100gは重い(買うなら100gがおすすめ)

本日、田中貴金属で買ってきました。金のインゴット100g1本!。金相場は1g 4,500円程度でしたので合計450,000円です。これまでいくつか余暇資金がたまると金ばかり買ってきました。どれも大きさは20g程度だったので、ここにきて一気に100gに手を出しました。まあ何かあったらすぐに現金に出来るところが車やオーディオを買うのとは違います。資産形成としても、お勧めです。

現在金相場は1g 4500円前後を推移しています。ちょっと前までは5,000円台後半にまで急騰していたので、市場はひと段落した様子。2020年の東京オリンピックには金相場は7,000円台を大きく突破するなんて予想をする投資家もいるようです。エキサイトニュース

日銀が異次元の金融緩和を続けるなか、米国の緩和縮小で日米の金利差が広がれば、ドル高円安傾向に拍車がかかる。その結果、ドル建て金価格が上昇したうえに、1ドル=120円まで円安が進んだとすれば、円建て金価格(1グラム当たり)は7700円まで上昇したとしても何ら不思議はないだろう。

こんな時代ということもあり、そして私がなにより金現物が好きなこともあり、100gインゴットを購入しました。(タイトル写真)

100gインゴットを購入

100gインゴットです。大阪心斎橋の田中貴金属で購入しました。購入の理由は先にも述べたとおりです。そして前回20gインゴットを買って以来、肌身離さず身に着けています。それが幸いしてか、今年1年だけで何度か現金を拾得したり、商店街のくじ引きで金券が当たったり、景品に当たったりと自分でも信じられないぐらいの金運がついてきました。これはもう大きいのを買うしかないかと…

信じてくれない人もいるかもしれませんが、私にとってゴールドは金運そのものみたいになっています。金自体が合う人と合わない人がいるみたいですので、人それぞれかもしれませんが、私はI LOVE GOLDです。(別にこの後の流れとして幸運のブレスレットを売りつける予定はありませんのでご安心ください)

田中貴金属の店員さんとの雑談でもこの話をしたら興味津々で20分ほど話し込んでしまいました。店員さんの話でも、過去に何人かそういう目的で買いに来る人を見かけたことがあるとのことです。

購入方法ですが、とても簡単です。田中貴金属の店内に入り(たいてい2階か3階のフロア)、受付番号の札を取ります。そして順番が来て呼ばれるとマンガ喫茶のようなブースに入ります。そしてそこで金額や購入商品を選択します。メニュー表を見ながら、これがいい、あれが欲しいと選ぶわけです。商品が決まったら、店員さんに伝えます。「迷っているので●●グラムのインゴットが見たい」と伝えると一緒に持って来てくれます。

さあいよいよ金とご対面です。インゴットはソフトケースに入っており、テーブルの上で触ることができます。私は購入予定の100gのインゴットと、1000g(1kg)のインゴットを触りました。1000gのインゴットは価格にして約450万円です。(在庫はたくさんありますよ!といってました)

欲しい商品が決まると、その場で現金を渡します。そして購入用紙に住所や氏名を記載し、金を受け取ることができます。(本人確認はされませんでした。三菱マテリアルではしっかり本人確認されます)

■100gインゴット

DSC_0043

■100gインゴット(2)

DSC_0040

写真の通り、厚みもあります。

■100gインゴット(3)

DSC_0039

■田中貴金属のケース(1)

DSC_0021 DSC_0022

このような紙の袋に入れられ、高級感たっぷりの演出です。贈答を想定しているのしょうか?20gのインゴットを購入したときは持ち歩き用のポチ袋に入れてくれました。

これで念願の100gインゴットゲットです。目指すはもちろん1Kgのインゴットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加