コインパーキング撤去の一部始終(大阪日本橋)

DSC_0010

コインパーキング撤去の一部始終(大阪日本橋)

大阪日本橋のコインパーキング撤去工事の一部始終です。日本橋のソフマップザウルスの前に存在していたコインパーキングですが、2015年12月14日現在、撤去工事が進められています。

コインパーキングは設置や撤去が素早くできるため、あいてる土地の活用にうってつけの方法です。このコインパーキングも買い手が見つかってビルが建つのでしょうか?

ちなみに場所はこのあたりです。

工事の風景

コインパーキング工事の様子です。多くのケーブルがアスファルトの下に埋められ、掘り起こす工事が進められています。最近では車止めのバーやセンサーが無いパーキングが増えています。おそらくこういった工事を省略するための対応なのでしょう。

撤去も迅速に行われ、おおよそ1日で撤去工事は完了するのとことでした。

作業に使われる発電機

工事現場でよく見かけるHPGの発電機。インバーター内蔵ではありませんが、電圧安定機構がついているタイプ。発電量はおおよそ2KVAでしょうか。珍しく掘削機器も圧縮空気式ではなく、エンジンタイプのものが使われていました。

DSC_0007

掘削作業中

人手でケーブルを掘り起こしています。工事費用は管理会社負担なのでしょうか?作業員3名で工事を行っていました。

DSC_0008

工事車両は全部で2台。大きな機械は使用せず進められています。

DSC_0009

ケーブル穴・溝

おおよそ20cmぐらい真四角に掘削された穴です。駐車バーのセンサーが立っていた部分になります。センサーポールを撤去した後の様子です。

DSC_0012

ケーブルが埋められた溝

DSC_0013

センサーポールと車止め

撤去されたセンサーポールと車止めです。この車止めはまだ外されていない様子。結構浅い部分に設置されていて、車で強く踏むと折れそうな感じです。よく違法駐車や料金逃れでこの車止めをタイヤで踏みつけて出る人がいますが、設置の深さを見るところ、確かに容易に壊されそうな設置がされています。撤去のことを考えると、人手で掘削できる深さが限度でしょうか。

車止め部材

DSC_0011

センサーポール

DSC_0010

こうしてコインパーキングが撤去されて行きます。自転車の駐車もダメ、車の止める場所も無くなる。大阪は一段と住みにくい街になりつつあります。

DSC_0014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加