300円で作る防湿ボックス(ダイソーで揃います)

P1130811

300円で作る防湿ボックス(ダイソーで揃う)

ミラーレス一眼を購入して以来、オールドレンズのレンズ沼にどっぷり浸かってきました。新宿のレンズ店を巡るうちに、かびてしまったレンズを数多く目にしてきました。そんな悲惨な結末にならないように、今のうちから対策を行うことにします。

※専用の防湿ボックスは1万円程度しますし、電気も喰います。レンズが増えたらもっと大きな防湿ボックスを買わなければなりません。タッパーボックスはとてもお勧めです。専用の防湿ボックスを買う金があったらオールドレンズがもう一本買えます。

材料

材料はすべてダイソーで揃います。

■5L程度のタッパー(密閉できる容器であればOK)

■シリカゲル(10個1パック)

■ぷちぷち(2枚)

合計300円です。タッパー1つにレンズが3本~5本程度入ります。ぷちぷちはタッパーの底が硬いので、クッション代わりに使います。

材料一式

P1130804

タッパーは重なって便利です。複数のタッパーを重ねることが出来ます。

なお、シリカゲルは何度も再利用することができます。1か月程度使用したら、レンジで軽くチンするだけでシリカゲルは復活するようです。冬はそんなに気にしなくても大丈夫ですが、夏の梅雨時はカビに要注意です。かびたレンズは元に戻すことが出来ません。

P1130807

防湿ボックスにプチプチを敷き、シリカゲルを4袋入れるだけです。

P1130809

ダイソーのシリカゲル。10回程度は再利用出来るようです。これはかなりお買い得!

P1130806

こうしてボックスが完成したら、レンズとレンズの間を紙で仕切ります。しっかりと蓋を締めたら完成です。

お疲れ様でした。

ちなみに現在収納されているレンズは、タクマー 135mm F3.5、タクマー200mm F4、タクマー28mm F3.5の3本です。

P1130811

  • このエントリーをはてなブックマークに追加