Panasonicタフブック[CF-19]のメモリを増設 (2GB→3GB)

IMG_3688

Panasonicタフブック[CF-19]のメモリを増設 (2GB→3GB)

Panasonicタフブック[CF-19]を購入しましたので、メモリを増設します。このCF-19はCore2Duo U9300、メモリ2G、Windows 7搭載品で15,000円でゲットしたややお得なPCです。外装もほとんど傷が無く、まだまだ使えそうな一品。

ちょうどタイミング的にWindows10へのアップグレード無償期間になっていますので、そのままWindows10へアップグレードしました。ドライバはそのまま使用可能でしたが、タッチパネルのドライバだけが動作しません。メーカーHPからダウンロードしてインストールすることに

動作はWindows7よりちょっともたつく印象です。タスクマネージャーを見てみると、メモリが1.7GB/2.0GBとひっ迫しています。

そんなわけで、メモリを後1G程度増設する必要がありそうです。

メモリの購入

メモリを買いに大阪日本橋へ出向きます。今回購入するのは一昔前のDDR2 633 1GBです。OSが32bit版なので、3GBが増設の目安になります。

秋葉原と比べると日本橋はパーツショップが少ないですが、ジャンクショップの2Fで見つけました。

それがこのメモリです

IMG_3681■ジャンクメモリ 530円 DDR2 677

動くのか定かではありませんが、これまでの経験上、メモリピンに破損が無ければメモリはたいていジャンクで行けます。

メモリの増設

早速持ち帰り、CF-19の裏面の蓋を外します。蓋を外すのは写真の位置です。

IMG_3686

精密ドライバーが必要です。ドライバーでネジを外した後、ひっかける口にマイナスドライバーを入れて力を加えないと外れませんでした。

IMG_3687

すでに1枚刺さっています。空きポートが1つある状態です。

IMG_3688

放熱シートをめくると、増設ポートが見えます。ここにメモリを差し込みます。

IMG_3689

メモリを差し込みました。値札そのままですが、気にしないことにします。

この後、PCを起動し、メモリを増設を確認し終了となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加