心斎橋の洋食店 [ミツヤ] の魅力 道頓堀店

P1080135

心斎橋の洋食店 [ミツヤ] の魅力 道頓堀店

心斎橋ミツヤは昭和25年創業の歴史が深い洋食専門店。東京にも昔は多くの洋食店がありましたが、軒並み閉店してしまいました。この心斎橋ミツヤは洋食店ならではのおもむきとたたずまいを今に残す貴重な店舗として、道頓堀商店街の一等地に店を構えています。

ミツヤから徒歩10秒でグリコの看板が立ち並ぶ大阪随一の観光スポットにたどり着きます。外は賑やかで、そして外国語や日本語が飛び交う中、心斎橋ミツヤはどこかひっそりとした雰囲気で食事が出来る、心斎橋でも数少ない穴場スポットです。

外国人観光客はたこ焼きなどの粉ものに夢中なのか、ほとんどミツヤに足を運ぶことはありません。そんな外国人観光客に今大人気な道頓堀の中にありながら、ゆっくりと食事や休憩が楽しめるお店になっています。

気になる内装とメニュー

店内へ一歩足を踏み入れると、そこは昭和の懐かしさを感じることができる立派なつくりになっています。入り口は細長く、奥に行くほど広くなっています。なんとも贅沢なつくりです。いまどきのファミレスではありえない設計。そこが店に入った時のわくわく感を与えてくれるポイントです。そして店の中には明るいステンドグラスが置いてあります。

やっぱり洋食店=ステンドグラスというイメージが私の中では残っていますので、なんともうれしいつくりです。明るく、どこか色あせた思いでの中に出てきそうな内装に仕上がっています。そして歴史を感じる店舗です。

あいにく私が訪れたときは店の奥は満席で、入り口付近の席への案内となりましたが、お時間の余裕のある方は、昼時を避ければ奥の優雅な席で、素敵なひと時を感じることができるのではないでしょうか?狙い目はお昼をちょっと過ぎたあたり、3時ぐらいです。

店の前にはこれまた今ではあまり見かけない食品サンプルが所狭しと並んでいます。昔はデパートの最上階のフロアには大きな食堂があって、多くのディスプレイが並んでいました。横浜のそごうが懐かしい思い出です。いまでこそ数多くの専門店に代わってしまいましたが、そごうは昔は食堂の様な形で、横浜ベイエリアを見ながら食事が出来たのです。

P1080136■心斎橋ミツヤ 数多くの食品サンプル

食品サンプルが見事に並んでいます。お昼時であればセットメニューが選べるので、1000円程度で豪華なランチが楽しめます。

お昼のランチメニュー

1000円ランチメニューというのが用意されています。2種類の小皿を選択し、それにドリンクが付いてくるメニューです。小皿はどれもボリュームがあり、パスタやドリア、そしてポテトフライなども豊富に選択できます。

注文をすると10分程でアツアツの料理が専用のプレートにのって運ばれてきます。オーブンから出したばかりの様で、触れないほど熱いです。冷ましながら頂きます。これがとってもおいしいです。ドリンクはアイスコーヒーなど様々な種類がありますが、お客さんの多くはメロンソーダを注文していました。

洋食店といえばアイスクリームがのったメロンソーダ。定番のイメージですが、みなさんも思いは同じなのかもしれません。冷たい、そしてアイスクリームが甘いメロンソーダーを飲みながら、アツアツのプレートをつついてアラカルトを頂く幸せ。これが心斎橋ミツヤの最大の魅力です。

P1080138■こじんまりとした店構え。しかし中は豪華なつくりとなっています。

FREE WIFIも提供

うれしいことにフリーWIFIも設置されていました。大阪はどこも親切です。ミツヤ店内では専用のフリーWIFI(無線LANインターネット)に接続することが出来ます。これがまた速度が速く、つもの癖で即座に測定しまいました。

心斎橋ミツヤ フリーWIFI速度

下り:1.5Mbps
上り:800Kbps

フリーWIFIの速度もいうことなしです。ぜひ心斎橋でゆっくり休憩したいときは、心斎橋ミツヤへ行ってみてください。

おまけ(アルバイト募集)

P1080140心斎橋ミツヤではアルバイトを募集しているとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加