冷凍ごはん(おにぎり大量生産)のすすめ

IMG_3409

冷凍ごはん(おにぎり大量生産)のすすめ

7月から転勤で絶賛一人暮らしを満喫中です。これまでご飯の一つも炊いたことのない私ですが、少しずつ家事(特に料理)をこなしてきました。

初めての一人暮らしで最も気になるのが、そう「料理」です。外食ばかりでは体に悪いし、毎日お弁当を食べるのも本当に飽きてきます。

私はあの作り置きのお弁当が大っ嫌いで、ほとんど大阪に転勤になってというもの、お弁当を食べたことがありません。東京在住の頃は本当にコンビニ弁当が大好きで、毎日欠かさず買って食べていました。その結果なのか、体重もみるみる増える一方で、健康には明らかにマイナスである様子。ようやく健康な食生活がおくれそうです。

というわけで今回は一人暮らし生活の第一歩、ごはんの作り置きの工夫について説明したいと思います。

毎日のご飯の準備は面倒

まず、ご飯を炊くのがとても面倒です。お米を洗うのも、そして炊きあがった後で炊飯ジャーを掃除するのも大変面倒です。毎日会社から帰ってきてから準備していてはくたびれてしまいます。そしてどうしても一人暮らしだと、炊きあがった後のお米が余ってしまうので、ついつい炊飯ジャーに残ってしまいます。

この暑い時期になると、もう2日も炊飯ジャーでほおっておけば腐ってしまいかねません。衛生的も、残ってしまったご飯を早く何とかしようと考えるのも無駄な努力。

そこで、週末にまとめて炊いて、おにぎり型にサランラップで包んで、冷凍庫へ保存することをお勧めします。

大量生産して、冷凍庫へ保存

朝1つ、夜1つ(計、1日2つ)を基本数として、約2週間(14日)分を賄える数のおにぎりを生産することにします。つまり28個のおにぎりを作るわけです。清算した大量のおにぎりは冷凍庫で凍らせます。

お米を炊くところからスタート

お米を炊くのも初めての方も多いはず。28個のおにぎりであれば、炊飯ジャーの金属の容器に3号とメモリが振ってありますので、その部分までお米を入れます。

そしてお水を満杯にして、両手でよくお米を洗います。ごしごし洗います。(無洗米を買うと、この手間は省くことができます。しかしちょっと高いです)。お米を洗う工程を3回ほど繰り返します。

完全にはとぎ汁は透明になることはありませんが、ある程度濁りがなくなったら洗う工程は終了です。次にお米の入った金属の容器にお水を入れます。

水の量は人差し指の第一関節がちょうどつかる程度まで入れます。お米の量に関係なく、人差し指の第一関節あたりまで水を張ることが大切です。すくないと固いお米になりまし、多いとねばねばなお米になります。

ここまでくれば完成です。あとは炊飯ジャーの炊くボタンを押して、調理開始です。

お米が炊き上がったら

お米が炊き上がったら、電源を切ります。そしてしゃもじで全体をかきまぜ、出来るだけご飯をさまします。熱いとおにぎりとして握るときにとても握れるほどの温度じゃないので熱い思いをします。

ある程度冷めたら、サランラップを20cmほどきって、その上に炊き上がったご飯を乗せます。そして四隅を持ち上げ、おにぎりの形に握ります。

あまりつよく握ると、あとで食べるときに中心部分が固くなってしまい噛めませんので、適度な強さで握ります。軽めでも十分です。形を整えることが目的の作業です。

IMG_3410形や大きさがまちまちのおにぎり。複数タイプ生産しておくことで、食べたい分量のおにぎりをチョイス出来る。

その後、冷凍庫で凍らせます。冷蔵庫ではあまり日にちが持たないので、必ず冷凍庫に入れます。

IMG_3406冷凍庫で出番を待つおにぎり

これまでの経験から言いますと、約1月ぐらいは冷凍庫で凍らせても、味や固さに影響はありません。炊きたてのご飯と区別がつかないぐらいにおいしく解凍出来ます。それ以上の日にちが立つと、だんだん固くなっていき、チャーハンやカレー向きのご飯となります。(冷凍している限り、腐ることはありません)

いよいよ解凍の時

いよいよ解凍の時を迎えるおにぎりです。

解凍は500Wの電子レンジで約2分かかります。2個同時に解凍するときは4分です。おにぎりの数によって倍の時間を要します。

IMG_3407

解凍はサランラップのまま、レンジの中央に載せます。あとは時間が来るまで待ちます。

IMG_3409

こちらがふっくら解凍されたおにぎりです。

おにぎり型の特徴として、このまま箸で食べることが出来るので、うつわやちゃわんを準備する必要がないことにあります。つまり洗い物を節約することが出来るわけです。

いかがでしょうか?電気も洗い物も、そして手間も存分に節約できる冷凍おにぎり生活のご紹介でした。コンビニの100円のおにぎりがいかに高いか、よくお分かり頂けるはずです。5kのお米があれば100個以上のおにぎりが作れるのではないでしょうか?

ぜひお試しください。

【PR 無洗米で簡単調理可能なお米です】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加