おいしい自家製チャーシューの作り方

P1050759

おいしい自家製チャーシューの作り方

おいしい自家製チャーシューの作り方です。当ブログ初めてのクックレシピとなりますがまずは材料から、

  • 豚肉(1ブロック)
  • ネギ 1本
  • ニンニク 1個
  • 豆板醤 小さじ1杯
  • みりん カップ半分
  • 醤油  カップ1杯
  • 塩   小さじ1杯

みりんと醤油は煮詰まってきたら、適量次だしてください。調理時間は約1時間です。熱海にリゾートマンションを持って以来、行くたびにこのチャーシューを作っています。市販のタレは私にとって甘すぎるし、チャーシューも煮込むたれが甘いので必然的に甘くなってしまいます。ごはんのおかずとしてはちょっと食べずらいというのが正直なところ。もう少しおかずとして味のしまったチャーシューはできないものか考え、なんどか入れる調味料なんかを試行錯誤した結果、たどり着いた材料が上記の通りです。通常、チャーシューは何時間もたれに着けたり、煮込んだりして何かと作るのが面倒です。

その点、これからご紹介するレシピと調理法であれば、わずか1時間(それでも長い?)で自家製チャーシューが完成です。味も素材本来のうまみが全面に引き出され、とってもおいしいですよ。ちなみにチャーシュー特有の網かけ作業も、フライパンで事前に表面を焼いて肉崩れを抑えることで省略しています。表面を焼くことで見た目も美しくなりますし、後で包丁で切り分けるときも刃が入りやすくなり、盛り付けもぐっと簡単になります。

そんな作るのも食べるのもおいしいチャーシューの作り方をご紹介したいと思います。それではさっそ作り方です。

おすすめ!チャーシューの作り方講座

1. チャーシューの元となる豚肉ブロックをフライパンで軽く焼き目が付くまで焼きます。
→焼目がチャーシュー網の代わりとなり、しっかりとした歯応えを生み出しますので四方面(上も下も)しっかりと焼き目を付けてください。

P1050753焼目が付く前のチャーシュー豚肉ブロック(500g程あります。スーパーでだいたい500円程度のお肉)

P1050754四方にやきめがつけられた状態になりました。まだ焼きが甘いので、もう少しフライパンであぶります。10分ほどたつと良い感じになりますよ。

P1050756これが良い状態の焼きめです。こんな色に仕上がったら、いよいよ調味料を追加していきます。

2. 調味料の追加
→材料のネギ、ニンニク、調味料の豆板醤、塩を追加します。そしてニンニクに焼き色が付くまで焼きます。

P1050757具材を先に投入します。そののち調味料を入れます。

P1050758豆板醤を投入します。これで具材はすべて投入が完了しました。

P1050759

3. 醤油とみりんを適量入れていきます。
→適量は味見をしてみて、適度に辛くない程度がお勧めです。ちょっと濃いめの方が、豚肉の中まで味が染みて良い味付けになります。また煮込めば煮込むほどタレが凝縮されますので、豚肉がひたひたにつかる程度まで醤油とみりんを足します。お勧めは醤油1:みりん1の割合になります。

4. たれが無くなるまで煮込みます。
→ここで、底の深い鍋をお持ちの方は、フライパンから底の深い鍋に移し替えを行ってください。お勧めは味噌汁を作るぐらいの大きさの鍋です。フライパンでは肉に味がしみ込みにくいです。

P1050763

この醤油とみりんで作ったたれが無くなるぐらいまで煮込めば完成です。(約1時間程度煮込みます)

チャーシューの完成

箸でつついてみて、中までしっかりと肉に火が通った感じがつかめたら完成です。やけどに注意して鍋から取り出してください。お疲れ様でした。

以上、おいしいおすすめチャーシューの作り方でした。これからも様々なおすすめ料理をご紹介していきたいと思います。(たれは煮詰めるほど濃い味になりますので、食べてみて味が薄いと感じたときは、再度タレだけ煮詰めてください)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加