ハクキンカイロ火口交換

P1010204ハクキンカイロの火口を交換しました。

ハクキンカイロをご存じない方はこちらをご覧ください。

ハクキンカイロとは

ハクキンカイロとは、手のひらサイズの薄型の金属容器の中にガソリンを入れ、プラチナとの化学反応で暖かくなるカイロです。通常のカイロと比較し約12倍の熱量を誇り、寒冷地では欠かせない携帯暖房器具になっています。プラチナを触媒として使用するため、定期的な火口(プラチナの触媒)を交換する必要があります。かれこれ5年ぐらい使ってきましたのでそろそろ暖かさが足りなくなってくる時期に差し掛かってきました。火口は1つ500円程度で購入できます。

top_img■ハクキンカイロ公式HPより引用

火口の交換

火口は小さなモジュールになっており、簡単に本体から取り外すことが可能です。(くれぐれもよく冷ましてから取り外してください)

P1010204■イメージキャクターのおじさんが描かれたパッケージ(楽天で購入)

P1010205■パッケージ裏面

触媒はプラチナとガラス繊維でできているようです。昨年あたりの金・プラチナが高騰した時には、本当にこの火口が手にっ入りませんでした。そんなにふんだんにプラチナを使っているとは思いませんが… もともとその辺のホームセンターでは単体でこの交換火口は取り扱っておりませんので、東急ハンズかネットでの入手がおすすめです。

P1010206■交換火口を取り出した様子

P1010209

■左が5年間使用品 右が新規購入品

P1010207■本体はまだまだ使えます。

1シーズンほおっておくとこんな感じに金属がくすんできます。布で強く拭いてあげるときれいになります。

P1010211■コールマンのホワイトガソリン(1L)を使い続けたため、綿が青くなっています。(動作に問題はありません)

ちなみに、綿だけも販売しています。詳しくは先の公式HPをご覧ください。

以上で交換完了です。プラチナなので町の貴金属買取所へ持ち込みたいところですが、ガラス繊維にちょこっと引っ付いているだけらしいのであきらめることにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加