ドコモのウェアラブル端末 ドコッチ01が想像以上に高機能だった

ドコモのウェアラブル端末 ドコッチ01が想像以上に高機能だった

もうひっきりなしにCM露出が激しいドコモの子供向けウェアラブル端末「ドコッチ01」ですが、調べてみると予想以上に高機能であることがわかりました。もちろん、子ども向け端末なのでアプリやゲームが数多く準備されているわけではありませんが、i watch顔負けな一面もあります。

p_01

ドコッチ01の主な機能

ドコッチ01はドコッチ単体でデータ通信が可能である特性があります。i watchの様にi Phone本体が無いと機能しない、というものではありません。この点だけでもよりスマートに、そしてウェアラブル端末として魅力的な端末に仕上がっていると感じさせてくれます。具体的な機能は以下の通りです。

  • 周辺の温度、湿度測定機能
  • GPS測定
  • SOS発信機能
  • 一定以上親機から離れた際にアラートを発信する機能

周辺の温度・湿度測定機能

ドコッチは子供が身に着け、親がスマホで子どもの状態を確認することを目的としています。ドコッチは絶えず周囲の温度・湿度を測定し、親機へ情報を送付します。親は子供が現在居る状態を知ることが出来る様です。HPでは炎天下の熱中症を防止するためであるようなイラストが描かれています。実際はトランクへの閉じ込めとか、深夜の徘徊などのもう少しシリアスなシチュエーションを想定しているのでしょうか。

p_02

GPS測定

GPS機能が携帯電話に搭載されたのは今から10年ほど前からです。AUであればWIN端末、そしてドコモであればFOMAの時代から搭載が始まった機能です。目新しくない機能ですが、現在のGPS測定チップの性能は向上しており、測定から30秒程度でGPSの即位が完了する機種もあります。

p_03

SOS発信機能

この機能も見守りケータイなどでひもを引っ張るとセコムに連絡する機能などがあり、すでに実装されています。見守りケータイなどでは、セコムが駆けつけるかはオプション契約とのこと。親のスマホには連絡が届き、居場所の地図が参照できるようです。この機能のペットバージョンが欲しいと思うのですが、いかがなものでしょうか?首輪サイズであれば猫がどのあたりに居るか、気になる飼い主のニーズを取り込むことができるでしょう。

一定以上親機から離れた際にアラートを発信する機能

とても良い機能だと思います。遊園地などの人込みで、子どもや旦那がどこかにいってしまった。などのニーズを適格にとらえている機能です。子供だけでなく、大人用の機種が今度出るようであれば、ぜひこの機能を継続して搭載して頂きたいと思います。

このように、ノーマークのドコモからいきなり魅力的な機種が発売されました。ただしデザインは子供向けとのことで、大人が身に着けにはかなり厳しいデザインとなっています。今後ドコッチ02でシックな大人用モデルが発売されることを真に願っています。

商品のスペック、詳細はドコモの公式HPをご確認ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加