ライターガス発電機「Kraftwerk」は開発遅延とアナウンス不足で炎上気味に!

kw

ライターガス発電機「Kraftwerk」は開発遅延とアナウンス不足で炎上気味に!

以前も一度ご紹介した燃料電池の技術を使用したライターガス発電機「Kraftwerk」ですが、キックスターターで募集した先行インベスター向けの商品発送がいよいよ来月に迫っています。ライターガスを使用し、USB機器に充電できる発電機として、キックスターター登場当初は話題となり、日本円にして1億円を超える資金を集めることに成功しました。

しかしながら、キックスターターの進捗を報告するスレッドでは、2015年10月を最後に行進がストップしています。最後の更新はドイツでのデザイナアワード受賞の報告で10月28日の報告が最後となってしまいました。

いよいよ期限が来月に迫る中、今月中に梱包の様子や、動画ベースの動作報告のレポートがあってしかるべきです。キックスターターの案件では遅延はつきものですが、報告が無い以上、ユーザーは「これは詐欺!」と声を荒げています。

キックスターターのユーザーの声

■ 早く進捗について報告して

■ 私たちはカスタマーじゃない。インベスターなのだから何が起こっているのか説明をするべき

■ 詐欺なのだからお金を返してほしい

■ 当初から嘘くさい案件だと思っていた

このような声がフォーラムに多数寄せられています。

当初より雲行きが怪しかった?

案件立ち上がりの初期段階、とあるユーザーが開発元のe zelleron Inc.の過去のプロジェクトに関する資料を持ち出し、「この案件とそっくりじゃないか?当時はどうして製品化しなかったのか?」と質問するも、スルーされていました。

つまり、案件立ち上げの段階から、こんな製品もアイデアも存在せず、だますつもりでキックスターターに掲載したのではないかと疑ってしまいます。

真実がはっきりするまで後1月です。この問題を注視したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加